現地だより|女性組合の活動地サポネへの道のり

こんにちは。アフリカシアバターの原口です。ブルキナファソの現地の景色をお届けする、現地だより。

今回は首都から女性組合の活動地のサポネへの道のりをお届けします。Googleストリートが少ないブルキナファソ、果たしてどんな道が広がっているのか?ぜひお楽しみください。

出典:Googleマップ

早朝に首都を出発して

サハラ砂漠の南に位置するブルキナファソ。年中通して日中は暑くブルキナファソの働く人々の朝は早いので、女性組合と会う時はいつも早朝から出発します。

首都ワガドゥグから、女性組合の活動地域であるサポネまでは、車で1時間。7時にサポネで待ち合わせなので、私は6時に運転手さんとワガドゥグを出発しました。

出典:Googleマップ

首都では、車も多いですが、自転車やバイクも多く、早朝は通勤ラッシュのような風景も。二車線の白線や歩道が少ないため、首都を運転するには技術が必要です。

早朝のワガドゥグ

首都の出入りは警察チェックも

首都ワガドゥグは中央地方、サポネは中央南部地方*に位置しています。現在首都を出入りする際には、警察官の身元チェックがあり、これはテロが増えてから始まったそう。
*中央南部地方バゼガ県サポネ市

私はパスポートを、運転手さんはIDカードを渡します。毎回ではありませんが、時々荷台の確認があることも。大きな銃を構えて確認されることもあるので、最初は少し驚きました。

IDチェックをするバス

ブルキナには、ワガドゥグから地方、地方からワガドゥグに出るバスがありますが、バスに乗客たちも、ここでは全員降りて、全員IDカードのチェックがあるそうです。

そこから少し先に進むと、通行所があります。行き先と片道往復を伝えると、通行料を提示されます。ちなみに、ワガドゥグからサポネは往復400cfa(約80円)です。

首都の出入りには通行所

景色も空気も違うサポネへ

首都ワガドゥグでは、左右に食料品・日用品などの路面店が並びますが、サポネに近づけば近づくほど、左右は緑が増えて自然が広がります。雨季であれば、途中に水田を見ることもできます。

雨季に見れる水田

左右を見ると、マンゴー、バオバブ、シアの木などが広がります。私は運転手さんに「これ何の木?」と訪ねるのが趣味で、少しずつですがいろんな木の見分けがつくようになりました。

バオバブの木と鳥の巣

さらに先に向かうと景色が変わり、空気が綺麗になっていくのを感じます。暑いことには変わりないのですが、少し体感温度が涼しく感じます。

サポネに近づく風景

家々も近代的な建築から、土や煉瓦を使う伝統的な建築に変化していきます。ブルキナと言えば、穀物を保管するかわいい形の貯蔵庫。私はこういう風景が愛おしくて大好きです。

石や土を使った建築物

ついにサポネに到着

出典:Googleマップ

今は道がわかりますが、最初は曲がり角のガソリンスタンドが待ち合わせ場所でした。その先には「ようこそサポネへ」の石碑が。描いてある絵はサポネの伝統工芸品サポネ・シャポーです。

確か東京オリンピックの入場式ではブルキナの選手はこのサポネ・シャポーを被っていた記憶があります。ブルキナを代表する伝統工芸品の一つです。

「ようこそサポネへ」と書かれた石碑

さらに車を走らせると、女性組合が活動する工場に到着します。ここには、シアナッツの保管場所、機会の保管場所、シアバターの加工・保管場所などがあります。

工場に着くと牛のお出迎え

この女性組合は、過去に日本大使館の支援や国際協力機構(JICA)のボランティアが派遣され、工場にはその軌跡が多く残っています。工場の詳細は、また別の現地だよりでお届けします。

過去に日本大使館の支援も

首都ワガドゥグから女性組合の活動地サポネへの道のり、いかがだったでしょうか?いつかこの国が平和になり、お客さまにサポネに来ていただける日がくるといいなぁ、と願っています。

※現地だよりは見聞録も含まれるため、正式名称などが異なる場合があります。

■あわせて読みたい記事:
現地だより|公式サイトの撮影のためサポネへ
現地だより|シアナッツを収穫する女性たちの説明会のためタルゴへ
現地だより|シアバターの伝統的な作り方とは?
現地だより|シアの実を収穫する現場へ
現地だより|シアバターを作る女性組合の活動地サポネへ

アフリカシアバター 概要

2022年12月創業のボーダレス・ブルキナファソが、2023年1月より開始したブルキナファソ産のシアバターの仕入製造販売。テロの影響を受けた女性たちの雇用創出を目的としている。 シアバターは、アフリカのシアベルトという一部地域でのみ自生するシアの木の種から搾油される植物性オイルで、ステアリン酸・オレイン酸を多く含み保湿力が高いため、化粧品ではメイクアップ・ボディケア・ヘアケアなどに配合される。アフリカシアバターが取り扱うシア脂は、厚生労働省の医薬部外品原料規格にも適合しており、サステナブル・エシカル・SDGs対応の化粧品原料として、日本の美容業界・化粧品業界に販売している。オーガニックコスメブランドや美容室のオリジナルプロダクトへの配合実績あり。2024年3月より、シアバター配合のレザーケア製品のOEM企画を開始。日本最古の靴クリームメーカーと共同開発した当社オリジナル配合。革ブランドのオリジナルレザーケア製品として販売実績あり。

■会社名:ボーダレス・ブルキナファソ
■公式サイト:https://africa-shea-butter.com/

関連記事

TOP