現地だより|シアバターの伝統的な作り方とは?

こんにちは。アフリカシアバターの原口です。ブルキナファソの現地の景色をお届けする、現地だより。

今回はシアバターの元となるシアの木の情報に合わせ、ブルキナファソでのシアバターの伝統的な作り方についてお届けします。果たしてどんな製造方法でシアバターを作っているのか?ぜひお楽しみください。

お客さまへの発送を待つシアバター(イメージ)

シアの木

シアの木は、アフリカの乾燥サバンナ地域のみで自生する木。シアの木が自生する地域をシアベルトといい、ブルキナは国土のほとんどがそのシアベルトに覆われています。

ブルキナファソとシアベルト

プランテーションのように同じ場所に同じ木が多く生育されているわけではなく、国土の至るところに点在しているシアの木。

最初の実がなるまで約20年かかり、約200年実がなり続けると言われています。ブルキナファソにとってシアは貴重な資源で、農地を開拓する時にもシアの木は伐採しないそうです。

雨季のシアの木

ブルキナファソは、6〜9月が雨季で10月〜5月が乾季ですが、シアの木には、乾季の1〜2月頃にクリーム色の花が咲きます。

花が咲くシアの木

雨季の4〜8月頃に、緑色の実がなります。約8cmほどの卵型。現地ではフルーツとして食べられており、食感はアボカド、香りは甘みが強いですが、味はひかえめな甘さです。

果実のなるシアの木

ちなみに、どんな甘みかをよく聞いていただくのですが、日本人は慣れ親しんでない味なので、好き嫌いがわかれるフルーツかもしれません。

実は原口も初めて自分で購入したシアの実を食べた時には少し苦手でした。ですが、サポネで採れたてのシアの実をもらって食べた時に、初めて「おいしい」と感動したことを覚えています。

シアの果実

シアの種(シアナッツ)は、茶色でかたいツヤのある殻がついており、その中に胚(シアカーネル)が入っています。その殻は片手で割ろうと思っても割れる硬さではありません。

シアの種

シアカーネルは、モフモフした皮に覆われ、その中には白色で水分と脂肪分が含まれています。その脂肪分をもとにシアバターが作られるのです。

シアナッツとシアカーネル

シアバターの伝統的な作り方

近年では、シアナッツの状態で第三国に輸出され、工業的に搾油されるシアバターも存在します。大量生産ができて安定的・効率的に搾油ができるのが特徴です。

一方で、アフリカシアバターでは現地の女性たちが代々継承してきた伝統的な製造方法を継承しています。その製造法をお伝えしたいと思います。

1. 洗う (Wash)

洗う様子

まずは、採取したシアカーネルを水で丁寧に洗い、しっかりと汚れを取ります。

2. 乾燥させる(Dry)

天日干しする様子

水で洗ったシアカーネルを、天日干しします。この時点で質の悪いシアカーネルは黒くなるので取り除きます。

3. 粉砕する(Crush)

シアカーネルを機械に入れる様子

天日干ししたシアカーネルを、機械で粉砕します。以前はこの作業は手作業だったようですが、女性の負荷が大きいので、現在は機械で行います。

粉砕したシアカーネル

4. 炒る(Roast)

焙煎する様子

粉砕したシアカーネルをコーヒーのように焙煎します。ガッタンゴットンと回しながら焙煎をします。焙煎することで、油分を分離しやすくします。

焙煎したシアカーネル

5. 挽く(Mill)

シアカーネルを機械で挽く様子

焙煎したシアカーネルを機械で挽きます。こちらの作業も以前は手作業だったようですが、女性の負荷が大きいので、現在は機械で行なっています。

挽いたシアカーネル

6. 水を加え練る(Mix)

水を加えて練る様子

水やぬるま湯を加えて、ペーストにします。そのペーストを手で練っていきます。何度も何度も丁寧に練ります。手で感触を確かめ、量を調整しながら、水を加えます。

練ったシアカーネル

7.乳化させる(Emulsify)

乳化した様子

水と油が混ざり合い、色が次第に白くなり、シアバターが乳化します。

8. 分離させる(Separate)

分離した様子

乳化させたシアバターに冷水を入れると油分が分離して、ホイップクリームのように浮き上がります。プクプクと浮き上がり、フワフワとした感触です。

9. すくいとる(Skim off)

すくいとった様子

浮き上がった油分だけをすくい、水を入れた別の器に移していきます。この時点では殻などが混ざっているため、何度かその作業を繰り返します。

10. 煮る(Boil)

煮る様子

すくった油分を煮立て水分を飛ばすと、殻などの不純物は下に沈みます。上層の油分のみをすくってさらに煮詰め、純度を上げていきます。

11. 濾す(Filter)

濾す様子

さらに殻などの不純物を取り除くため、フィルターで濾過します。

12. 充填する(Fill)

充填する様子

容器や真空パックに充填・梱包します。そして、お客さまのもとに大切にお届けします。

シアバターの製造方法は、いかがだったでしょうか?彼女たちが、祖母、母、娘と世代を超えて継承してきた製造方法を継承し、ものづくりの歴史と誇りを次世代に繋ぎます。

※現地便りは見聞録も含まれるため、正式名称などが異なる場合があります。

■あわせて読みたい記事:
現地だより|女性組合の活動地サポネへの道のり
現地だより|公式サイトの撮影のためサポネへ
現地だより|シアナッツを収穫する女性たちの説明会のためタルゴへ
現地だより|シアの実を収穫する現場へ
現地だより|シアバターを作る女性組合の活動地サポネへ

アフリカシアバター 概要

2022年12月創業のボーダレス・ブルキナファソが、2023年1月より開始したブルキナファソ産のシアバターの仕入製造販売。テロの影響を受けた女性たちの雇用創出を目的としている。 シアバターは、アフリカのシアベルトという一部地域でのみ自生するシアの木の種から搾油される植物性オイルで、ステアリン酸・オレイン酸を多く含み保湿力が高いため、化粧品ではメイクアップ・ボディケア・ヘアケアなどに配合される。アフリカシアバターが取り扱うシア脂は、厚生労働省の医薬部外品原料規格にも適合しており、サステナブル・エシカル・SDGs対応の化粧品原料として、日本の美容業界・化粧品業界に販売している。オーガニックコスメブランドや美容室のオリジナルプロダクトへの配合実績あり。2024年3月より、シアバター配合のレザーケア製品のOEM企画を開始。日本最古の靴クリームメーカーと共同開発した当社オリジナル配合。革ブランドのオリジナルレザーケア製品として販売実績あり。

■会社名:ボーダレス・ブルキナファソ
■公式サイト:https://africa-shea-butter.com/

関連記事

TOP