現地だより|女性組合の女性にインタビュー(BI-SONGOサラマタ編)

こんにちは。アフリカシアバターの原口です。ブルキナファソの現地の景色をお伝えする、現地だより。

今回は女性組合で働く女性のインタビューです。パートナーの女性組合BI-SONGO (ビ・ソンゴ)で働くサラマタ(Salamata)さんにお話を伺いました。家族のこと、女性組合に参加した理由など、とても短いインタビューですが、彼女たちのリアルな声をぜひお聞きください。

※なお、インタビューはすべてインタビュー当時(2023年4月)の情報です。

お名前、年齢、家族構成を教えてください

サラマタ、47才です。夫が1人、子どもが4人がいます。子どもは、20才、17才、10才、5才です。

なぜ、この女性組合に参加したのですか?

今から14年前、2009年に参加しました。当時は、夫の農業を手伝っており、とうもろこしや落花生などを作っていましたが、乾季になると仕事がなく、収入が十分ではありませんでした。夫や村の女性たちがこの女性組合は、すべてが明確でいいと教えてくれて、参加することにしました。

サラマタさんと息子さん

女性組合では何を得ましたか?

他の女性たちと助け合いながら一緒に働くことで、コミュニティーの絆が強く深くなりました。みんなと話しながらアイディアを出せるようになり、私は”自由”を感じるようになりました。それがとても嬉しいことです。

女性組合で得た収入は何に使っていますか?

家族の医療に使っています。そして、収入を得てからは、家畜を買えるようになりました。家畜は私たちにとって資産です。家族に何か問題があった時に売ることもできるからです。

あなたの夢はなんですか?

他の女性たちと同じになってしまいますが…シアバターのオーダーが増えて「毎日働くこと」が私の夢です。

▼他の女性たちのインタビューも読む
BI-SONGOソフィ編(2000年参加)
BI-SONGOマルゲリット編(2000年参加)
BI-SONGOマルゴ編(2010年参加)
BI-SONGOビントゥ編(2021年参加)

アフリカシアバターとは? 
■ 2022年12月創業のボーダレス・ブルキナファソが、2023年1月より開始したブルキナファソ産のシアバターの仕入製造販売。テロの影響を受けた女性たちの雇用創出を目的としている。 
■ シアバターは、アフリカのシアベルトという一部地域でのみ自生するシアの木の種から搾油される植物性オイル。ステアリン酸・オレイン酸を多く含み保湿力が高いため、化粧品ではメイクアップ・ボディケア・ヘアケアなどに配合される。アフリカシアバターが取り扱うシア脂は、厚生労働省の医薬部外品原料規格にも適合しており、サステナブル・エシカル・SDGs対応の化粧品原料として、日本の美容業界・化粧品業界に販売している。オーガニックコスメブランドや美容室のオリジナルプロダクトへの配合実績あり。 
■ 2024年3月より、シアバター配合のレザーケア製品のOEM企画を開始。日本最古の靴クリームメーカーと共同開発した当社オリジナル配合。革ブランドのオリジナルレザーケア製品として販売実績あり。

関連記事

TOP