現地だより|女性組合の女性にインタビュー(BI-SONGOソフィ編)

こんにちは。アフリカシアバターの原口です。ブルキナファソの現地の景色をお伝えする、現地だより。

今回は女性組合で働く女性のインタビューです。パートナーの女性組合BI-SONGO (ビ・ソンゴ)で働くソフィ(Sophie)さんにお話を伺いました。

家族のこと、女性組合に参加した理由、彼女の夢など、短いインタビューではありますが、彼女たちのリアルな声をぜひお聞きください。

※なお、インタビューはすべてインタビュー当時(2022年10月)の情報です。

お名前、年齢、家族構成を教えてください

ソフィ、60才です。10人の子どもと15人の孫がいます。夫は、15年前に亡くなりました。

なぜ、この女性組合に参加したのですか?

女性組合が設立された2000年に参加しました。当時、仕事を探していたからです。女性組合では、ドライフルーツ、石鹸、シアバターの作り方などを学びました。

シアバターづくりをするソフィさん

女性組合で得た収入は何に使っていますか?

収入は、シアバターの注文がある時は月に20,000CFA(約4,000円)です。それらは家族の教育や医療のために使います。子どもたち、孫たちがいますが、孫たちの教育や医療のために子どもたち(孫たちの親)だけの収入では足りないからです。

シアバターの注文がない時は、家事をするか自分でシアバターを作って地元のマーケットで売るしかありません。その場合の収は、月に5,000CFA (約1,000円)になります。

家で家事をするソフィさん

組合を続けたい理由は何ですか?

まず一つは、仲間と一緒に働くことが幸せだから。もう一つは、若い女性たちに伝統的なシアバターの作り方を伝えていきたいからです。

あなたの夢はなんですか?

シアバターの注文が増え、これからも仕事を続けられるのであれば、これからも子ども達を学校や病院に行かせ続けたいです。それが私の夢です。

▼他の女性たちのインタビューも読む
BI-SONGOマルゲリット編(2000年参加)
BI-SONGOサラマタ編(2009年参加)
BI-SONGOマルゴ編(2010年参加)
BI-SONGOビントゥ編(2021年参加)

関連記事

TOP